記事

記事

「生きているのがつらい人」はどうすればいいのか?

死んではいけない理由は存在しない。「死んではいけない」というのは、誰かの主観に過ぎないからだ。けれども、自死を止め得るのも他者の主観であり、その為にも「人との繋がり」「脱力的生き方」「苦しみの言語化」が大切であると考える。
記事

僕らは「人生ゲーム」をさせられている

我々は生まれながらにして「お金を稼いだ人が勝ち」というゲームの前に座らされている。かといって、そこから逃れた先に待ち受けるのはニヒリズムだ。別のゲームを模索することに人生の可能性があると考える。
記事

社会の歯車の隙間で暮らす

結局、世の中は「ずうずうしい人」や「ずるい人」が得をする。政府や巨大資本による搾取は「ずるい」が、こちらにも「なるべく働かない」という「ずるい」方法が存在する。
記事

「反出生主義」について考える-人は生まれてこない方が良いのか?

反出生主義について考える。人為的に達成されることのないであろう思想は、主義というより宗教であるが、全人類が「子供を作る」ということを熟考する為にも、反出生を広めることは無意味ではない。
タイトルとURLをコピーしました